Blueqat SDK

今日からはじめる量子コンピュータアプリケーション開発

誰にでも使いやすく

Pythonベースでだれでも導入とプログラミングをしやすく設計されており、チュートリアルも充実しているため、難しいと思われがちな量子コンピュータのプログラミングが誰にでも簡単に始めることができます。

重ね合わせや量子もつれ

従来のビットでは0か1のどちらかしか表現できませんでした。量子コンピュータでは0と1を1つの量子ビットで同時に表現できます。また、位相の計算や量子もつれなど多彩な特徴を持っています。

高速性と汎用性

量子コンピュータの機能として汎用性があります。従来型のコンピュータで実現できることは量子コンピュータでも実現できます。量子の高速性と計算機としての汎用性の両方の性能を引き出せます。


Blueqatについて

Blueqatは汎用量子コンピュータを使いこなすための統合ソリューションです。Python言語で書かれたオープンソースのSDKソフトウェア開発キット、クラウド環境上に構築されたWebAPIベースで利用できる高性能汎用量子コンピュータGPUシミュレータなど、すぐに汎用量子コンピュータ研究開発を始めるための環境が揃っています。

ユーザーガイドを確認する

Blueqatのはじめ方

1、pipでblueqatをインストールする pip3 install blueqat
2、python実行環境でblueqatを読み込み量子回路を記述する from blueqat import Circuit
Circuit().h[0].cx[0,1].m[:].run(shots=100)

3、量子もつれ回路の計算結果が帰ってくる Counter({'00': 48, '11': 52})

Blueqat技術ブログ https://blog.blueqat.com



Blueqatを活用したアプリケーション実例

Blueqatソリューションを活用することで広範なアプリケーションの構築が可能です。機械学習から最適化問題、量子化学計算や暗号セキュリティなど従来のコンピュータでは実現が困難な問題に対してソリューションを提供します。量子コンピュータに触れたことがなくても大丈夫です。充実したたくさんのチュートリアルを通じて業務や研究に最適なアプリケーションを開発することができます。

量子機械学習

量子コンピュータの機能を活用して従来の機械学習とは異なる原理の機械学習を実現することができます。

量子化学計算

量子化学計算では原理的に従来型のコンピュータで計算が厳しいと言われていた計算を量子コンピュータの計算を活用することで計算することが期待されています。

金融計算

金融計算は従来より業務における計算の比重の高い分野で、主に企業のリスク評価などに多大な計算量を使用している分野です。量子コンピュータを活用した様々な領域での計算を行います。

暗号セキュリティ

量子コンピュータにおけるshorのアルゴリズムによって暗号セキュリティに対する新しい対策が必要となっています。量子コンピュータに対して耐性の暗号やセキュリティ対策方法が日々開発されています。

第1回量子プログラミングコンテスト特設サイト

第1回プログラミングコンテスト

第2回量子プログラミングコンテスト特設サイト予告

第2回プログラミングコンテスト(予告)

第3回量子プログラミングコンテスト特設サイト予告

第3回プログラミングコンテスト(予告)

小中学高校生向けプログラミング教室特設サイト

量子コンピュータが学べる

量子コンピュータとは?

特殊な量子ビットを活用することで従来のコンピュータでは原理的にできない計算を行うマシンです。Blueqatでは量子コンピュータの波動計算やビットの重ね合わせ、量子もつれなどをプログラミングを通じて開発することができます。


Githubで入手

詳しい使用方法などが書いてあります。

Githubへ移動する

ドキュメント

Blueqatをさらに使いこなすためのドキュメントが基礎的な説明から充実したチュートリアルまで揃っています。

Blueqatドキュメント

コミュニティ


国内1700名を超えるユーザーコミュニティ、24時間365日量子コンピュータの情報交換や質問が行えるオンラインサロン、定期的に開催される量子コンピュータや機械学習向けトレーニングスクールなどあらゆるソリューションがすでにそろっています。

オンラインコミュニティ オフライン勉強会