Quantum Business Magazine

VTT(フィンランド国立技術研究センター)の5量子ビットコンピューターが稼働開始

Quantum Business Magazine a year ago

#IQM #VTT

1


--------


昨年本レポートで、VTT技術センターが同国初の量子コンピュータを提供するとして、IQM社を選んだことを報じた。このプログラムは、VTTとアールト大学が共同で運営する、Micronova(マイクロ・ナノテクノロジーに関する研究インフラ)に設置された、5量子ビットのマシンからはじまった。まもなく20量子ビットのマシンが設置され、2024年には50量子ビットのコンピュータが完成予定になっている。VTTは、このマシンを研究用途とともに、アールト大学の学生のための教育ツールとしても使用する予定で、現在はVTTの研究者のみが扱えるが、来年の後半には国内だけでなく、他国でも利用できる予定としている。VTTが掲げている目標は、量子コンピューティング能力を構築し、フィンランドの量子コンピューティング・エコシステムに弾みをつけられるマシンを手に入れることだ。


IQMマシンのアーキテクチャは、「リセット」「ゲート」「読み出し」の3つの主要領域で優位性があるという。当初は同社が開発したソフトウェアでプログラムされる予定だが、QiskitやCirQなど他のプラットフォームへのインタフェースも開発中だ。このコンピュータのソフトウェア・シミュレータは、IQMのパートナーであるAtos社の「Quantum Learning Machine」を利用することができる。このマシンを手に入れたメリットとして、VTTの技術者たちは、クラウド上の量子コンピュータを使っていたのではできなかった、ハードウェアの最低レベルでの実験が可能になったことを挙げている。


この新しい量子コンピュータの導入については、VTTのニュースリリースを参照。



※参考


◆VTT(フィンランド国立技術研究センター)

https://www.vttresearch.com/en


◆VTTに関する昨年の本レポート依頼ページ

https://quantumcomputingreport.com/finland-selects-iqm-to-build-the-countrys-first-quantum-computer/


◆Micronova

https://www.aalto.fi/en/services/about-micronova


◆アールト大学

https://www.aalto.fi/en


◆この件に関するニュースリリース

https://www.vttresearch.com/en/news-and-ideas/finlands-first-5-qubit-quantum-computer-now-operational



Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved