Quantum Business Magazine

Dell Technologies、IonQと提携し、古典/量子のハイブリッドソリューションを提供

Quantum Business Magazine 16 days ago

[ Dell + IonQ Hybrid Classical/Quantum Computing Components. Credit: Dell Technologies ]



Dell Technologiesは、PowerEdge Classicサーバー上で動作する Qiskit Dell Runtimeという新しいソフトウェアを発表し、古典/量子のハイブリッドソリューションを提供する。この開発は、1年前に報告した Dellの量子ソフトウェアと IonQの量子シミュレータ(vQPUソフトウェアと呼ぶ)を連携させる機能の延長線上にある。今年の発表で最も大きな変化は、このソフトウェアがインターネット経由で IonQの リアル Ariaプロセッサと接続できるようになったことだ。


通常、Dell PowerEdge サーバーは、ユーザーの敷地内に設置される。このサーバーは、Qiskit、Cirq、Pennylaneを含むさまざまな異なる言語で、ユーザーから量子プログラムを受け取る。Qiskit Dell Runtime は、 IonQ側でキューの遅延がないよう管理されて、インターネット経由で IonQシステムに直接プログラムを投入し、古典と量子の実行を密接に統合。古典/量子のプロセッサーを行き来する必要がある変分アルゴリズムについては、IonQが予約機能を実装し、ジョブが完了するまで QPUがそのジョブ専用に確保されるようになっている。Dellのソフトウェアは柔軟性があり、将来的に他のシミュレータや量子プロセッサにも対応できるよう設計されている。


この機能に関する追加情報は、Dell発表のプレスリリース、 IonQ発表のプレスリリース 、およびDellのサイトの量子コンピューティングページ に掲載されている。Qiskit Dell Runtime ソフトウェアはオープンソースであり、GitHubからアクセス できる。


Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved