Quantum Business Magazine

Novo Nordisk財団、ライフサイエンスの課題解決に向けた量子システム開発に2億ドル(約286億円)を助成

Quantum Business Magazine 3 months ago


このプロジェクトは、デンマークのNovo Nordisk財団とコペンハーゲン大学のニールス ボーア研究所が主導し、12年間にわたり実施される予定だ。最初の7年間は、量子ビットを作るための材料とハードウェアの開発に集中し、最適な量子プラットフォームを見極める。後半の5年間は、選択した量子プラットフォームの規模を拡大し、従来のコンピューターでは実現できなかったライフサイエンス関連の問題解決を目指す。最終的な目標は、2034年までにデンマークで初めて、一般的に使用できる実用的な量子コンピュータを開発することである。


このプログラムには、マサチューセッツ工科大学、デルフト工科大学、デンマーク工科大学、オーフス大学、トロント大学の研究者を中心に、産学から多くの参加者が予定されている。本プログラムに関する詳細は、Novo Nordisk財団のプレスリリース 、およびニールス ボーア研究所のプレスリリース を参照。

Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved