Quantum Business Magazine

英Strathclyde大学、総予算96万ポンド(約1.5億円)の2つの量子プログラムを主導

Quantum Business Magazine 10 months ago

1


最初のプログラムは、宇宙量子技術の国際ネットワークで、4つの産業パートナーを含む13カ国37人のメンバーからなるコンソーシアムが、衛星を利用した量子安全通信と地球観測を開発するという。宇宙空間での放射線環境、自律・遠隔操作、衛星のサイズ・重量・電力の制限など、量子技術を宇宙に投入するための技術的な課題に取り組む予定だ。このプログラムは、UK Research and Innovation(UKRI)の一部である英国工学・物理科学研究評議会(EPSRC)から、48万ポンド(約7,500万円)の予算で提供される。


2つ目のプログラムは、「原子量子センサーの微細加工に関する国際ネットワーク」である。こちらのプログラムでは、ヘルスケア、ナビゲーション、金融、通信、セキュリティなどへの応用が期待される、次世代の小型量子センサを開発していく。このプログラムもUKRIの資金援助を受けており、予算は48万ポンド(約7,500万円)だ。


これら2つの量子関連の寄与に関する追加情報は、こちらのStrathclyde大学Webサイト上のニュースリリースで確認できる。


※参考

◆Strathclyde大学Webサイト上のニュースリリース

https://www.strath.ac.uk/whystrathclyde/news/2022/twointernationalquantumnetworkstobeledatstrathclyde/


Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved