Quantum Business Magazine

Atom Computing、コロラド州ボルダーに新R&Dセンターを正式開設

Quantum Business Magazine 2 months ago


From left, Andrew Wilson, quantum physics division chief at NIST; Missy Diehl, director of industry relations at the University of Colorado Boulder; Rob Hays, CEO and president of Atom Computing; Colorado Governor Jared Polis; Ben Bloom, co-founder and chief technology officer at Atom; and Jonathan King, co-founder and chief scientist at Atom, cut the ribbon on Atom’s new facility in Boulder, Colorado. Credit: Atom Computing ]


Atom Computing は、コロラド州知事のJared Polis氏の協力のもと、コロラド州ボルダーに新しい研究開発センターを正式に開設した。同社はカリフォルニア州バークレーに施設を構えているが、コロラド州にも施設を設け、コロラド大学ボルダー校(CU Boulder)や、同大学と国立標準技術研究所の共同研究所であるJILA(旧名:研究所天体物理学研究所)の人材や資源を活用し、開発力を強化することにしたのだ。新施設には複数の量子プロセッサーを格納するスペースがあり、今後3年間でコロラド州の事業に対して1億ドル以上の投資を行う予定。現在、コードネーム「Phoenix」と呼ばれる100量子ビットの量子プロセッサを試作し、第2世代のシステム開発に取り組んでいる。この新施設に関する詳細な情報は、Atom Computing が提供するニュースリリース を参照。

Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved