Quantum Business Magazine

Moody’s、金融サービス業界向けに「Moody’s Analytics」を設立

Quantum Business Magazine 3 months ago


量子コンピューティングの重要なアプリケーションの1つは、金融業界での、信用格付け、リスク、ポートフォリオ最適化、信用分析、詐欺検出などの金融モデルを作成することである。2021年、売上高60億ドル以上、従業員数13,000人以上のMoody’sは、金融業界などにこうした情報を提供する最大手のサービス会社。その取り組みの一環として、子会社のMoody’s Analyticsは、量子コンピューティングのマネージングディレクターであるSergio Gago Huerta氏の指揮でチームを新たに立ち上げ、量子コンピューティングがどのようにビジネスに活用できるかを探っている。


Moody’sの量子コンピューティングチームは、経済資本、リスクモデリング、銀行・保険会社のポートフォリオ管理など、量子コンピューティングをビジネスに活用するための方法を研究開発する。また、同社が市場で展開するバイサイドのソリューションにも取り組む予定だ。既にこれらのユースケースのための強力な古典的コンピューティングモデルを持っているが、量子コンピューティングの利用により実装を改善することで、より速く、より正確で、より高機能なソリューション提供に結び付けようとしている。Moody’s Analyticsの量子コンピューティング・チームの活動に関する追加情報 は、こちら から確認してほしい。

Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved