Quantum Business Magazine

コラム:2022年の展望 量子インターネット ① 差し迫った脅威

Quantum Business Magazine a year ago


by David Shaw, Fact Based Insight


この記事は許可を得て再掲載しています。オリジナルは、こちら からFact Based Insightのウェブサイトを確認のこと。


世界はより優れたサイバーセキュリティを求めている。量子コンピュータがもたらす脅威がリアルになってきた今、これまで以上にその必要性が高まっているためだ。ユーザーの多様なニーズに対応するため、新しい技術が豊富に誕生してきている。この分野における新たな競争力学と政府の動きを充分に理解したいなら、長期的な技術革新(多くの人がいつか量子インターネットが構築されるという)を理解する必要がある。

--------------------------------------------


私たちのデジタル社会は、すでにあまりに多くの悪者から狙われ、個人も組織も孤立無援の状態になっている。この現状の脅威に、今度はまったく別次元の脅威が加わることになるのだ。充分な力をもった量子コンピュータが登場すれば、インターネットや企業ネットワークのセキュリティが依存している現在の公開鍵暗号を破れることが分かっている。悪いことに現在までに傍受され保存されたデータは、すべて解読され公になってしまうだろう。


この脅威に対抗するために、数学に基づく新しい量子耐性プロトコルPQC(Post-quantum cryptography:耐量子計算機暗号)や、物理学に基づく量子暗号のアプローチとして、QRNG(Quantum Random Number Generation:量子乱数発生器)とQKD(量子暗号通信:Quantum Key Distribution)など、多くの対応活動が世界中で行われている。


さらに量子通信は、最終的に他の多くの利点を約束している。遠隔地において、量子もつれを確実に共有できるようになれば、量子コンピュータの能力を根本的に拡張し、他の新しい機能を提供する方法が見えてくるだろう。


それと並行して超小型衛星技術は、サイバーセキュリティのソリューションと課題に対し、新たな地平を切り開こうとしている。長期的には、空間をベースとした自由な配信が、エンタングルメント・ネットワークの実現を加速させ、従来のユースケースの区別を曖昧にすることが期待されている。


暗号技術、量子技術、宇宙技術という3つのディープ技術分野の相互作用を理解することで、課題やビジネスチャンスを把握することができるだろう。Fact Based Insightは、この関係が深い相乗効果を生むと信じている。



【 差し迫った脅威 】


エリック・シュミット(元グーグルCEO)は、「ビジネスは今すぐ行動するべきだ、と強く勧める。外国勢力はすでに通信のすべてを記録することに忙しく、10年後にはまとめて解読することが彼らの計画であることは分かっている」と簡潔に述べている。。


Q-day(量子コンピュータが現在の暗号プロトコルを脅かす時)について、専門家の意見を集めた最も権威ある調査が、Michele MoscaとGlobal Risk Instituteによって発表されている[1]。


企業が「合理的で最悪のケース」に対して備えるなら、Fact Based Insightは、国家が「マンハッタン計画」を実施する可能性を織り込んだ2027年を目標にするよう引き続き提案している。しかし、より可能性が高いのは2035年以降であることには留意してほしい。


ハードウェアの具体的な状況については、「2022年の展望 量子ハードウェア 」も参照してほしい。


直面する脅威は、私たちが通常目にする日常的なサイバーセキュリティの脅威とは、まったく別の、異なる規模と性質をもっていることを認識する必要がある。サイバーセキュリティのシステム障害は、前例のないことだ。準備を怠れば、規制当局からも保険引き受け業者からも、あらゆる面で不利な状況に追い込まれてしまう可能性がある。


Fact Based Insightでは、企業のマーケティング資料と同じように専門用語が使用されていない場合、事前にお詫びしておきたい。市場志向のコミュニケーションにおいて、専門用語が拡大解釈され、場合によっては乱用されていることは、この業界において重要な問題になっている。潜在的なユーザーは混乱している。それを踏まえて、この記事では、様々な単語・技術などを文脈の中で位置づける努力をし続けたいと思う。


暗号の専門用語 - 完全性を持つ暗号システムは複雑である。ただ、有用な高レベルのモデルには、4つの主要なコンポーネントがあるのを抑えておく。エントロピー、認証、鍵合意、メッセージの暗号化。 以下の例を参照のこと。


References


[1] “Quantum Threat Timeline Report 2020,” Global Risk Institute. [Online]. Available: https://globalriskinstitute.org/publications/quantum-threat-timeline-report-2020/ . [Accessed: 01-Nov-2021]




【 ②に続く 】

Quantum Business Magazine

@qbm

米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。

quantumbizmag

© 2022, blueqat Inc. All rights reserved