米Qunnect社、世界初の量子メモリを販売

量子メモリは、もつれた光子量子ビットを記憶・取り出し可能にするデバイスである。長距離の量子通信を可能にする中継器や、量子インターネットを実現するために重要なもので、この技術を開発するための研究は世界中で行われている。ニューヨーク州ブルックリンにあるQunnect社は、もともとニューヨーク州ロングアイランドにあるストーニー・ブルック大学で行われていた研究からスピンアウトした会社で、量子通信に必要な様々な部品の商用化を目指している。同社の量子メモリデバイスは、EIT(電磁誘導透過)と呼ばれる技術に基づいており、他のアプローチとは異なり室温で動作するというユニークな特徴を持ち、95%以上の安定度を達成している。最初のデバイスをブルックヘブン国立研究所に販売し、同研究所は、それを量子通信ネットワークの実証に使用する予定となっている。


このデバイスの詳細と解説するビデオは、ニュースリリースを参照。

https://www.prnewswire.com/news-releases/qunnect-announces-sale-of-first-commercial-quantum-memory-301428820.html


(翻訳:Hideki Hayashi)


提供:Quantum Computing Report

Quantum Computing Report 日本語版
「量子ビットと商業がもつれる」 米国の量子コンピュータ関連専門サイトQuantum Computing Reportから、 世界の最新の量子コンピュータニュースを日本語に翻訳してお届けします。 https://quantumcomputingreport.com/
Comments
Quantum Computing Report 日本語版
「量子ビットと商業がもつれる」 米国の量子コンピュータ関連専門サイトQuantum Computing Reportから、 世界の最新の量子コンピュータニュースを日本語に翻訳してお届けします。 https://quantumcomputingreport.com/
Related posts

blueqat Inc.

Shibuya Scramble Square 39F 2-24-12, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
Contact: info@blueqat.com