Classiq社、ユーザーが独自の機能モデルを統合できるソフトウェアの新バージョンを発表

Classiq社は、イスラエルに拠点を置く量子ソフトウェア企業で、高レベルの機能モデルを、自動的に最適化されたゲート回路に変換するソフトウェアを提供している。同社が目指すのは、アルゴリズムの設計者が高レベルの機能モデルを作成し、最適化された量子ゲートにコンパイルすることだ。このアプローチは、現在の数十億個のトランジスタを搭載したコンピュータを設計する際に用いられる方式に類似している。これにより、アルゴリズム設計の生産性が向上し、特にハードウェアプロセッサの量子ビット数が増え続ける中で、ソフトウェア開発の生産性向上を見込むことができる。


これまでアルゴリズム設計者は、Classiqより提供された機能しか使用することができなかったが、新しいリリースでは、独自の新しい機能をブロック化し結合することが可能になった。一例として、Classiqエンジンは、モンテカルロ・シミュレーションなどで使用する標準関数として、ガウス分布や対数正規分布を提供しているが、ユーザーが異なる確率分布関数(パレート分布など)を使用したい場合、Classiqプラットフォームで、独自に機能ブロックを定義できるようなった。


ソフトウェアとこの新機能に関する詳細は、以下のニュースリリースを参照。


https://www.businesswire.com/news/home/20211116005606/en/Classiq-Unveils-Groundbreaking-Capabilities-for-Its-Quantum-Algorithm-Design-Platform


11月23日に予定されているウェビナーへの参加登録はこちらのページから。


https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_vs3b2PgsSWqaUth-wZATMg


(翻訳:Hideki Hayashi)


提供:Quantum Computing Report

Quantum Computing Report 日本語版
「量子ビットと商業がもつれる」 米国の量子コンピュータ関連専門サイトQuantum Computing Reportから、 世界の最新の量子コンピュータニュースを日本語に翻訳してお届けします。 https://quantumcomputingreport.com/
Comments
Quantum Computing Report 日本語版
「量子ビットと商業がもつれる」 米国の量子コンピュータ関連専門サイトQuantum Computing Reportから、 世界の最新の量子コンピュータニュースを日本語に翻訳してお届けします。 https://quantumcomputingreport.com/
Related posts

blueqat Inc.

Shibuya Scramble Square 39F 2-24-12, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
Contact: info@blueqat.com