common.title

2022/5/20 (金) 18:00-19:00 第4回 Nielsen-Chuang 勉強会

Nakata Maho 2 months ago

4回目、Nielsen-Chuang 10-th anniversary edition を読んでいきます。

https://www.amazon.co.jp/dp/1107002176


前回の続きです。Preface(前書き)の続きからです。なので今回からの参加も大歓迎で、余裕で可能です。

前回、この本がどういう構造をしているかを概観しました。今回は、読者へ、どうやって読んだらいいか、授業で使うにはどうしたらいいか

などこまごまごしたアドバイス、のところまで読めたらよいかと思います。


参加資格は本を持っていることです。kindle版は式が崩れるため、おススメしません。pdf版を作成する、つまり自炊してOCRにかけるがベストだと思います。日本語版でもいいかもしれませんが、特段の配慮はいたしません。


進め方としては、英語の本をそのまま読んで大まかに訳していきます。問題は有志に解いていただきます。問題を解くのはおススメです。

難しいのもありますがその時はgive upしましょう...


その他こまごましたこと

  • 初心者質問大歓迎です。多少トピックずれてても変な質問でも歓迎です。前の章でわからなくなったことでも歓迎です。
  • クソ質問でさえ歓迎します。
  • つまり質問できない人はついて行きにくくなります。
  • 英語が読めない方は、pdf版の文字をコピペして、deeplに投げながら読むのが良いと思います。
  • Zoomによる読書会です。19:00ちょっと前に終わることが多いです。
  • 量子コンピューティングに興味、線形代数の知識がある程度あること、英語がある程度読めることは必要だと思います。
  • 想定予習時間は1-2時間です。


Zoomアドレスは

https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/82953953256

です。よろしくお願いいたします。

Nakata Maho

@645de8a7-f218-4ba0-96f6-f2e5acaa1d66

RIKEN

nakatamaho

About us ©2022 Copyright © 2022 blueqat Inc. All rights reserved